2013年04月29日

外房アジ激シブの巻・・・

4月27日

今日はゴールデンウイーク前半戦の釣りをしようと時間の都合がつく人、外房に集合という事で昼まっから行ってる人仕事を済ませ行く人それぞれのタイミング集まることに。(喜)

昼間に既に集合場所に着いている方がお二人(笑)
キャロルさんから家族に約束したカツオは、ギリギリセーフの朝市でキープ(笑)できたのでこれから心置きなくアジ釣三昧、釣座で乾杯とメールが・・・
私も行きたい昼間の釣座でビールが至福の一時・・・早く行きたいのですが、CMが目白押し・・・誰か代わって〜て、無理か〜こうなったら出来るだけスムーズに事を運ぶしかない・・・イレギュラーが起きないい事を祈りつつ・・・そんな時に限って・・・何とか善後策を講じ・・・クライアントの承諾を取り付け、事なきを得て

夕方現地視察のブルーボルボさんから釣れているから早く来なさいと、お出でお出でコールのメールが(爆)
まだCM中とメールを返し・・・(笑)

クライアントの祝い事も無事終了・・・後は・・・ムフフ

現地情報メールが・・・どうやら風向きが変り極端に食いが悪くなり・・・と言うより食わなくなったとメールが入る

仕事を済ませ何とか21時30分現地到着・・・

現地ではキャロルさんが既に釣座を片付け撤収準備を済ませ私の到着を待っていてくれていたんだそうな(喜)

それではという事で取りあえずキャロルさんからのハイネケンで良竿さんと三人で乾杯キャロルさんからのおつまみ私もおつまみを出してボーイズトーク、勿論話題は今日の釣果・・・昼間は何時もの通りのんびりムードで五目狙い・・・というかアジは来ませんので、何が釣れても自然に感謝しながら時合いを待っていたそうな・・・夕マヅメ良竿さんが攻めているポイントはアジ皆無・・・キャロルさんが攻めたポイントはプチ爆
しかし風向きが変わると一転何処も彼処も当たりが止ったとの事。

たしかに完全武装の防寒モードでないと寒くて5分も外に居られません。

夜の海辺の北風を侮ってはいけません。

暫しボーイズトークを楽しんだ処で、キャロルさんは渋滞避けてお帰りに勿論乾杯はノンアルコールビールでお付き合いいただきました。(笑)

良竿さんの釣座に行き片付ける前に良竿さんが投入してみますが、やはり当りはありません。

良竿さんの今日の釣果を保険として払い出しを受け、釣座を片付けPスペースに戻り仮眠をして酔いを醒まして帰ることにして良竿さんも仮眠へ・・・

マイアルの中で海を眺めながらナイトバードなど聞きながら、ビーフをつまみ一人で宴会・・・(笑)・・・そして夢の中へ・・・

ふとめが醒め・・・時計を見ると午前三時・・・良竿さんは既にご帰還したようです。

釣座の様子を見に行くと釣人が数名・・・釣れていない様子・・・しかしお一人釣れている方が・・・これはもしや回復して来たのか・・・

すぐにマイアルに戻り既に解凍済みのコマセを持って道具を担ぎ釣座へ上手く好位置をキープとはいえ足場が少し悪いが仕方ない寝てたんだから(笑)

コマセを調整し・・・憎き赤旗の位置を確認し先ずは外房軽軽仕掛け三本針で・・・第一投・・・誘いをかけ・・・スパッとウキが消し込み・・・
P1040116.JPG
アジいるじゃ〜ん(ニヤ)

そして第二投・・・誘って流してスパッ・・・
P1040117.JPG
アジいるじゃ〜ん

時計を見ると時間が朝マヅメの時間・・・投げサビキに替えるべきかこのまま軽軽で行くべきか・・・悩んで・・・投げサビキ・・・しかしこれが裏目食いが落ちた・・・というか食わなくなった。

ポツリポツリと拾い釣り(トホホ)
P1040119.JPG

ジンタも掛かって来たので活餌用にキープするも今日は気配が無いこれだけ掛かってこないとフィッシュイーターも居なさそう・・・

しかし二匹で掛かってくる事も・・・判断に迷う・・・と夜も明けてきて食いが止り今日はここまで・・・。

P1040120.JPG

釣座を片付け周りの様子を見るも皆釣れていない様子・・・

帰りがけ漁師のおじさんに聞くと潮が冷たくて今日はダメだといっていた。(トホホ)

帰り道各釣り場を覗いてみるもやはり何処も釣れていなそう・・・って竿を曲げている人がいない。

司令長官より野暮用を言い付かり早く帰る様にとメールが入り・・・司令長官の仰せのままに・・・家庭平和が何より・・・

本日の釣れ具合
P1040120.JPG

何時ものように
P1040123.JPG

本日の釣果

        キアジ       28匹
        良竿さんの保険 13匹
        自力        15匹但しジンタ含む(南蛮漬け用)

良竿さん保険払い出しありがとうございます。
キャロルさん待っていてくれてそして美味しいつまみとハイネケンありがとうございました。





posted by rickey at 17:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

外房弾丸釣査

4月24日

今日は売るほど貯めてある代休を使って久しぶりにエギングでアオリ釣査(笑)
しか〜しズリングでは釣果はあるもののエギングでは未だ釣果には恵まれていないので、当然ボーズのがれのアジカゴ釣タックル一式もマイアルに詰め込んで・・・ムフフ・・・チョイ悪で・・・

現地情報を仕入れるためにブルーボルボさんにメールするとかなりの渋さらしい・・・(アララ)

真夜中・・・子の刻、予定通りエギングランドに到着・・・ボルボさんに到着メールを打ち・・・着替えを済ませ、エギングタックルを出し用意をしているとボルボさん登場、リアル情報のお礼を言うと、何と保険として夕マヅメの釣果のお裾分けを頂いてしまった。(喜)

ボルボさんも準備を済ませエギングランドに二人で突入・・・今日は満月にチョットかけているが、大潮の初日しかも満潮に向けて潮は上げ上げ当然アオリンも餌を求めて深場から浅瀬に・・・ムフフである・・・真夜中にチョイ悪親父と爺が夢見て・・・ムフフ(爆)・・・

潮の流れがあり、根があってアオリンが隠れる藻がある処に立ち・・・第一投・・・底取り・・・ラインスラッグを確認しながらカウントを数え・・・ラインが止りシャクル・シャクル・ズン・・・アリャ・・・藻に絡んだ・・・回収・・・

第二投・・・カウントでさっきより少し早めに・・・シャクル・シャクル・フォール・・・カウント・・・シャクル・シャクル・フォール・・・カウント・・・シャクル・ズン乗ったー・・・しかし引かない・・・慎重に巻き上げる・・・なんと流れ藻であった。(トホホ)

隣のボルボさんも悪戦苦闘している・・・少しづつ場所をずらし広範囲に探るもノーヒット・・・チョイ悪爺さんがそろそろ眠気がさしたのでという事で、丑二つ時にタイムアップ・・・朝マヅメの再会を約束して、お帰りに・・・お疲れ様でした。(保険払い出しありがとうございました。)

場所を移動しながら深場もトライしてみるもノーヒット・・・この場所を諦めもう一つのエギングランドに移りますが、ここは立ち入り禁止になっていました。(トホホ)

仕方ないのであちらこちら風の影響の受けづらい場所を探してあちこち覗きますが・・・時計を見ると丑三つを周り・・・朝マヅメが近づいて来たので滑り止めのカゴアジ釣にスイッチ・・・HGにマイアルを進めます。

HGについて駐車スペースにマイアルを止めて釣座を覗きに行きますが、誰一人居ません。
南西風がかなり吹いています・・・予報では3〜4mでしたが、体感ではもう少しありそう・・・一旦マイアルに戻り一時間の仮眠をすることに・・・

寅の刻に目が覚めた、シメシメ予定通り・・・荷物を準備してイザ釣座へ・・・ベストポジションに釣座を構えコマセの調整をして先ずはセオリー通りに投げサビキで第一投・・・ガスティーな海面にシゲホタルが揺らめきますが何時までも沈まず綺麗だな〜ってダメじゃん。

第二投・・・誘いながら・・・相変らず綺麗だな〜って、ダメじゃん。

投入ポイントを替え・・・投入・・・こちらでも綺麗だな〜・・・アレレこのままじゃ朝マヅメが終わってしまう。(汗)

こうなったら外房軽軽仕掛け二本針で攻める・・・誘うも誘うも・・・来ない・・・今日は居ないのか〜・・・

下針にバイオを付け・・・誘う誘うウキがズボ・・・ムフフ・・・アジ居るじゃん・・・(ニヤリ)

P1040082.JPG

なんとイワシとダブルです。(喜)

これで〇ボはなくなりました。(ホ)

このあと渋いながらも誘って誘って、くるのパターン・・・そしてダブルもありパターンが掴めたかと思ったのも束の間今度は怒涛のイワシ風呂

投入するとウキが沈みダブルで掛かってくる。

梅干煮にするとこれが又美味なのでイワシは釣れたら釣れただけお持ち帰り・・・釣楽バケツにブクを回して、放り込み・・・活餌にもなるし・・・ムフフ・・・

目の前をイワシの大群が通り過ぎる・・・海の中はどうなっているのだろう・・・

そうこうしているとブルーボルボさん登場・・・モーニングコーヒーの差し入れを頂いちゃいました。(ご馳走様です)

相変らず渋い・・・渋いながらも拾い釣・・・何とかアジ八つ、イワシ多数(笑)

P1040083.JPG


もう卯の刻も回り時合いも遠のいたのだろうか・・・

ここから見える沖の瀬にアングラー二人が乗っているのが、見えたが干潮一杯でないと普段は見えない瀬・・・大丈夫かしら・・・フルウエットで完全装備なんでしょうね〜ガッツは認めますが、事故が起きない事を願います。

そろそろ辰の刻・・・既にコマセ消費モードしかしウミネコが沖から岸へ又沖へそれにつられてトンビも一緒に飛んでます。

はるか沖でナブラが立ったようです・・・ウミネコが海中にダイブしています。

きっと沖には・・・こちらに回ってこないかな〜などとボルボさんとボーイズトーク(笑)

ウキが変な動きをしています・・・きっとイワシが掛かっているのでしょうが、あえて放置間違って青いのが掛かってくれたら・・・なんて期待しながら・・・
暫く放置するも変化は無く、イワシが可哀想なので、取り込み活かしバケツに放り込み、これで最後とコマセを詰めて・・・

第何投・・・(笑)

待っている間にコマセバケツを洗い片付けられる物を片付けながらウキを見ているとズボット入った・・・アジだ・・・釣楽バケツから竿を持ちリールを捲こうとすると竿先がグンと突っ込んだ。

何だリールがジーと唸ってラインが出る。

最後の最後にドラマが待っていた。

竿に伝わる感触はビートのある引きだ・・・ユルユルにしていたリールを少し締めリールを捲く・・・だんだんと寄ってくる、慎重にと自分に言い聞かせ・・・竿には奴の重さが乗って満月だ。

なんともいえないビートの有る引きグングンと竿先が引きこまれる。(喜)

とうとう来たか、奴が来たか・・・ボルボさんが何が来たと聞いてきたので、ステルス・・・ヒラメですと伝え、準備して出しておいたタモをお願いして、ここは慎重に寄せにかかる・・・あと15m程の所まで来てきて・・・フッとラインからテンションが抜け・・・竿先から伝わる奴の重さが・・・

ボルボさんにどうしたと聞かれ「奴は餌を離しました」と伝えリールを巻き回収してみると、なんとハリスがぶち切られていました。

そうとなれば仕掛け一式をブッコミ誘導泳がせ仕掛けに変更し生かしておいた14cm程の小アジを付けてブッコミ・・・奴の当りを待ちます。

15分が過ぎ変化が無く一旦餌の状態を確認するべく仕掛け回収・・・餌のアジは元気いっぽい・・・再投入。

15分が経ち餌の状況を確認するも変化なし元気いっぽいであった・・・

餌のアジを放流し、今日はここまで。

またしてもUMAに逃げられた・・・これで何度目だろう・・・次こそ・・・(涙)

道具を片付けながら時計を見るともう辰四つであった。

ボルボさんと腹減ったね〜近くにファミレス無いし・・・ボルボさんの行きつけは未だ開いてい無いそうで・・・それでは風の避けられるところへ徒歩移動。

SOTOのストーブ出してヤカン出してお湯を沸かして仕入れておいたカップラーメンを・・・今日は釣り人は私達だけ。

漁師さん達も今日は強い南西風で出漁を見合わせているようです。

程無くカップラーメンも出来上がり熱々のラーメンをいただきます。

暫しボーイズトークを愉しみひと心地着いた処で昼までに戻るように指令長官命令が出ていたので、釣り場をあとに・・・

何時ものように
P1040088.JPG


本日の釣果     キアジ8匹(活餌に1匹消費)
        セグロイワシ20匹
        保険のアジ17匹

さて今日のリベンジは何時・・・「〇〇でしょう。」(爆)
又企まなくては・・・

ボルボさん保険のアジとモーニングコーヒーありがとうございました。
posted by rickey at 15:48| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

外房アジ釣(HG&第二HG編)

4月14日(日)

今日は湾奥某所にてキャロルさんとホリデーを楽しむべく日程調整をしていたのですが、週中から外房で青物が出たとか鰯が接岸しているだとかアジが釣れ盛っているとか、魅惑の情報が釣友達から毎日のように誘惑情報が入ってきます。(爆)

キャロルさんと時間調整の連絡を取るとどちらからともなく茶色や白や灰色の二枚貝をホリホリするより、青いのでしょう。
と自分達の力量に有った鰯狙いで意見が合った。(爆)
皆さん内緒ですが、この時この二人はお互いにナイショでヘビータックルを準備していた事は内緒です。(爆・馬鹿)

集合時間は当然真夜中過ぎにHGとなります。
予定通りキャロルさんは真夜中過ぎにHG到着・・・予想以上に駐車ポイントには車が止っていて釣座の確保が難しそうとメールが入りました。
私は、娘のアッシーをしてから行くので予定通り1時半頃到着と返し予定通りにHG到着。
駐車ポイントは少し車は減っていましたが、釣座の確保は厳しいかな〜と思いながらマイアルをベストポイントに止め荷物を降ろそうとしていると、キャロルさん登場。
お久しぶりの挨拶をして状況を聞くとやはりベストポイントは満員・・・何とか釣座は構えられそうとの事で釣座へ・・・

釣座の状況を確認して偵察をしていると見覚えのある車が・・・ナンバー確認・・・shin_pei君の車では・・・

釣座に戻り道具を出しながら釣座のセッティングを終えキャロルさんと久しぶりの再会を缶ビールで祝し
P1030994.JPG

当然車で仮眠しているshin_pei君におきろコールと目覚ましメール・・・又の名を迷惑メールを送りつけ・・・暫くするとshin_pei君登場・・・shin_pei 君とも乾杯・・・暫し今夜の状況を色々確認現地情報も同時に仕入れます。(笑)

今夜は渋いそうです・・・テンションが下がります。

しかしキャロルさんはデカアジゲットできていますのでデカアジが居る事を願いつつ・・・
第一投・・・音沙汰なし・・・
第二投・・・音沙汰なし・・・
第三投・・・来ました・・・アジ
P1030995.JPG

アジ居るじゃん

しかし周りを見てもポツポツという感じ・・・ホットスポットもポツポツとです。

何とか追加を釣りますがどうもアジが居ないのか摺れているのか・・・仕掛けを替え付け餌を替え忘れた頃にヒット・・・そろそろ朝マヅメの準備・・・投げサビキに替えますがうんともすんとも・・・ホットスポットは一投一匹になりますがこちらはやはり忘れた頃にポツリと釣れます。(泣)
とうとう朝が開け明るくなると釣れません・・・ホットスポットはポツポツとです。

ホットポットに釣座を構えたshin_pei君は順調に数を伸ばします。
今日はあるラインからアジが超えてこないようです。

そのラインギリギリに攻めてみてもそのラインのこちらは食わずあちらは一投一匹あちら側のラインの方がこちらへどうぞといってくれましたが、お祭りの危険があるのでご遠慮して・・・そうこうしているうちにあたりは全面的に止り皆さん竿をたたむ人・休憩に入る人それぞれです。
取りあえず一旦釣座を片付け駐車スペースへ・・・メンズトークをしているとshin_pei君はお帰りに・・・

キャロルさんと場所を小移動して朝食・・・そうです・・・SOTOのバーナーでやかんにお湯を沸かし熱々のカップラーメン頂きます。

キャロルさんと四方山話とメンズトークをしながらしばし休憩ひと心地付いた処でキャロルさんは仮眠をしてご帰宅するそうです。

私は、この時点でアジ6匹と貧果・・・コマセはまだひと勝負出来る位は残っています。
帰り道寄り道しながら・・・もう目的地はセットしています・・・後は釣座の混み具合で・・・目的地到着・・・様子を遠目から見ると何とか入れる隙間は有りそう・・・ダメ元で最小限の道具をRICKYY"S"CARGOに詰め込み山坂谷越え釣座へGO

釣座へ着くと微妙な間隔・・・ところがホットポイントには見慣れた常連さんが・・・ご挨拶をすると、隙間を空けて間へ入れてくれるとの事お隣のアジンガーの方へご挨拶をしてご迷惑のかからない様に自分の前だけに集中してキャスト・・・一投目からヒット・・・アジ居るじゃんしかもメタボデカアジ(喜)現地到着から1時間しないうちにツ抜け・・・と其処へキャロルさんから電話が・・・如何ですかの問いに一時間でHGの釣果を凌駕しましたと伝えると電話の向こうで大爆笑キャロルさんは朝市に寄りカツオとセグロ鰯を仕入れたそうな・・・当然帰りがけに寄り道するようにとリクエスト(爆)
順調に一投一匹偶にダブルもあります。
と其処へキャロルさんからまたまた電話・・・遠目からこちらを見ているとの事・・・そちらを見ると手を振っていました・・・こちらも手を振りたいのですが、アジがヒットして取り込み中でしかも電話にも出て後もう一本手が欲しくなりましたが、何とか竿を股に挟み獲物を釣楽バケツに放り込み手を振りご挨拶(爆)・・・キャロルさんはこのままご帰還するそうです・・・お気をつけて・・・又の再会を楽しみに・・・
その後も一投ほぼ一匹でしたが徐々にペースが落ち12時半にはあたりが遠のきまわりの方々も入れ替わる人小休止される人・・・
私も体力の限界を感じ撤収する事に・・・釣座を片付け釣座を洗い流し常連さんにご挨拶をして山坂越えて谷越えて駐車ポイントに戻り道具を片付け帰路に着きます。

本日の釣果
P1030996.JPG

何時の様に
P1040007.JPG


本日の釣果   キアジ31匹
         セグロ鰯 6匹
                  でした。

キャロルさん、久しぶりにお元気な顔を見れて良かったです。
お世話になりました、又ご一緒出来る日を楽しみにしています。
shin_pei君仮眠中に起こしてごめんなさい。
又一緒に竿振りましょう。

アッ、そうそうヘビータックルなんて今日はマッタク必要ありませんでした。(爆)
次回こそはと夢見るヘッポコでありました。(笑)
posted by rickey at 19:42| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク