2011年04月25日

番外編「おか釣り」

4月24日(日)

今日はかねてより計画していたおか釣り決行日♪

今日は何時ものマイカーではなくみんなで仲良く電車でGO♪(まるで遠足気分)♪

今日の集合場所は湾奥某所・・・私、田舎住まいには久しぶりの電車・・・かれこれ20年ぶり切符の買い方も儘なりません。(ドキドキ)

田舎は車が移動手段のメインです。

乗換えなんて上手くできるのでしょか(笑)。
途中から合流して頂いくかめやまこさんにおんぶ(笑)しようと思っていたら、私より先に合流していたmobara師匠がすでにおんぶ(爆)

「親亀の背中に子亀を載せて〜子亀の背中に孫亀乗せて〜」(爆)

珍道中です。

流石都会育ちのかめやまこさんキッチリ目的駅の待ち合わせ指定出口に時間通り到着(ホ)

出口の横、其処にはすでにキャロルさんとサーフさんが居ました。♪

駅から釣座までサーフさんの案内で色々見学此処は隠れたシーバスポイントあそこは鉄板ハゼポイントそしてそっちは江戸前鰻ポイントウヒャー竿持ってくれば良かった(失敗)そして遠くに見えるあのポイントで掘り堀も出来るよ〜・・・都会の真ん中でも釣りキチが遊べるポイントはあるんですね〜

色々見学させてもらい釣座に到着(笑)時間の都合のついた仲間がみんなB.サーフさんのとびっきりの撒き餌(お茶け)に寄せられ、そしてとびっきりの付け餌(ご夫婦お手製お料理)に目が眩み思わずパクリみんなで釣られちゃいました。(ルンルン)

今日の撒き餌(お茶け)に合わせる配合餌(持参)
P4230003.JPG
これはお茶けにも合いますがご飯にも合います。
イカの塩辛が苦手な方でも抵抗無くいけます・・・ご飯何杯でもいけます。(笑)
癖になる味(マイブーム)です。

そして被災地の酒蔵で作られている・・・(お茶け)・・・チョット応援
P4170004.JPG
きりりとしたのみくちで冴えわたります。
このお茶けにはにはサーフさんお手製のイカの塩辛が激合いでした。(写真撮り忘れ)

今日は仕事の都合で来れないと言っていた門番さんがナントお昼休み限定で参加(ご苦労様です)

そうこうしてるうちにshin-pei君到着ナント自分で釣ってきた江戸前キスのお土産つき(涎)

わいわい、ガヤガヤ釣りキチおやじたちの話はワールドワイドな話から釣り談義、はては色恋話まで止まるところを知らず尽きません。(爆)

特に釣り談義はかめやまこさん・サーフさん・mobara師匠の講義に皆興味深々一言一句漏らさぬように真剣に聞き入ります。(笑)

質問攻めをする方もいます。(こんな時じゃないと詳しく聞けませんもんね〜)

中には、かめやまこさんから秘伝秘儀の伝授を受けた方もいたとか♪(爆)

楽しい語らいは時間を忘れアッと言う間に過ぎ去ります。

気がつけば夕マヅメも終わり納竿です。

何とかボーズになる人は出ませんでした。(爆)

奥様にご挨拶をして釣座を後にさせていただきました。
「この場をかりて奥様ミキティさんにお礼申し上げます。ありがとうございました。」

どうやら何人かの方は途中からご記憶が定かではない方や足元がおぼつかない方がいらっしゃいましたが、何とか皆さん無事家路に着かれたようです。

無事、おか釣りミッション終了・・・めでたしめでたしでした。

サーフさん、ミキティさん、お世話になり、ありがとうございました。

今度は、外房の釣座で皆さんご一緒しましょう。(ルン)


PS
今日はお家に着くとバタンキューの人や今日の講義を聞いてその夜妄想が頭を駆け巡り眠れぬ夜を過ごされた方がいたようです。(爆)
そして今日の陰の演出者mobaraさんに感謝です。
師匠がいなければ、こんな楽しい釣り仲間に出会えなかったでしょう。
ありがとう。
posted by rickey at 19:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

東日本大震災後の外房釣査

前回の釣査から今回は約1ヶ月ぶりに外房に釣査に出かけてみようと思ていると釣友達から連絡が・・・以心伝心でしょうか、現地集合となりました。

日記を書く前に東日本大震災で被災された方々に心よりお悔やみと哀悼の意をささげます。

復旧に努力されている方々又復興に向けて前進しようとしている方々にエールを送ります。

私にできることは、節電と風評被害に惑わされない事。

そして幸いにも被災のないところでは今までと変わらぬ生活をして内需の安定拡大をはかることだと思います。

世の中には色々な施設やお店で生計を立てている方がいます。

その方たちの生活が困窮するようでは本末転倒だと思います。

夜節電するなら家にこもるのではなく家の電気を消して近所の食堂・レストランへできれば徒歩で行き食事をすると、ささやかですが節電と内需拡大がいっぺんにできると思いませんか。

此処で少し違和感を感じている事を・・・世間では自粛・自粛と騒がれますが自粛とは自らの行いを律し粛々と生活する事であり、自ら過度の行いを慎むことで人に言われたり、報道やましてやお上が言う事ではないと思います。

各機関の発表もキチンと解りやすくデーターを示し悪戯に基準の何倍・何百倍・何万倍などと不安を煽るような言い回しをしないほうがいいと思います。
なぜならその発表の後、必ず訂正や専門家の方が出てきて火消しをしています。
これではマッチポンプです。

そして人々は何を信じればいいのかと思い悩み閉塞感を感じるのでは・・・・・・正確な発表を切に願います。

それでは何時もの釣査報告を

釣友と近況の確認と自分の眼で外房の様子の確認をすべく4月1日夜一路外房へ・・・

夜半前釣友の待つ外房某港へ到着皆さん相変わらずお元気な様子、先ずは(ホ・・・)

コバ師匠・B.サーフさん・キャロルさん、こんばんわ〜のお久しぶりです。

皆さんのご自宅周辺の状況をお聞きすると平静を取り戻し何時もと変わらないと聞き一安心

あんな話やこんな話であっという間に時間は過ぎ去ります。

既に夕マヅメの釣査を済ませているB.サーフさんとキャロルさんは朝マズ目に照準を合わせ仮眠を取られます。

コバ師匠はご自宅に戻りご就寝・・・お疲れ様でした。

私は、一人でも安全と思われる場所に移動丁度風もさほど気にならないと思っていたのですが、甘かった・・・

今回はかめやまこさんから頂いた軽〃仕掛けのコピーを自作してみたのでテストを兼ねた釣査なのです。

とりあえず堤防先端は何人かの先釣者の方がいたので手前で釣座を構えコマセの調合からはじめます。


最初に構えた釣座はサイドからの風に、このときはまだ翻弄されるとは思っても見なかった。

コマセの硬さも何時もより少し硬めにし第一投ラインが大きく風下に取られます。

ラインが風に煽られ軽〃仕掛け用の一号電気ウキがあっという間に風下に・・・色々投入の仕方を調整してみるも効果なし。(泣)

ふと堤防先端を見るとまだ隙間がありそうに見えたので先釣者の方にご挨拶して隙間にすべり込ませてもらった。

この場所からなら斜め後ろからの追い風ポジションが取れる後は投入ポイントにアジが寄って来るかどうかです。

最初のうちはコマセ撒きでコマ場作りです。

長ハリス仕掛けにやっと一匹目が掛ってくれました、この仕掛けは魚の当りがダイレクトに伝わり癖になりそうです。

P4020002.JPG
この時期にしては20cmオバーの良型です。

しかし群れが小さいのか単発が続きます。

そして風向きによってはラインが取られ仕掛けが風に流されます。

まだまだですな〜

キャロルさんに電話してみるとナントあちらは入れ食いだとか型は小さいが数は80匹位に達するとか(羨)

こちらは、朝マヅメもプチぐらいしかなく10匹で終了・・・

何故か鰯が掛ります回収時にカゴに入ってくっるやつまでいます。写真撮り忘れましたがカゴに一匹吹流しの二本針にダブル合計三匹(爆)


最後の一投かな〜と思いながらコマセを詰めているとB.サーフさんとキャロルさんがモーニングコーヒーの差し入れを持って来てくれました。(感謝)

色々と今日の状況の情報交換をしているとサーフさんからラインコントロールの極意を教わりました。(喜)

今度はその練習も積まなくてはいけませんね〜まだまだ修行が足らないようです。

本日の釣果
P4020005.JPG

型は揃いました・・・10匹

司令長官命令により午後一でスパーマーケットの鮮魚コーナー釣査の指令を受け刺身用のイカ・蛸・マグロと卵焼きを調達

夕食の食卓は綺麗に飾れました。
P4020006.JPG

今後も余震や津波に注意しつつ安全第一で釣査に行きます。

微力ですが内需拡大と明るい話題の提供を心がけようと思っています。


posted by rickey at 00:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク