2010年06月28日

今日は月に一度の当番日

6月27日(日)

今日は月に一度の当番日なのですが前日まで休みと勘違い。
先月の二度の出勤で間隔がずれている事に気がつかず、土曜の昼に確認するまで釣り場の情報をイソイソト集め、釣りに行く気満々で午前中まで釣り仲間に釣り行きた〜いと、愚痴って危うく釣りに行ってしまうところでした。(笑・笑・笑・笑)

と言う事で順番通りメデタク出勤コマーシャルとなりました。

しかし今日は内陸でもそこそこ風が吹いていたので海はきっと風がきつかったのではないかと推察すると当番でよかったのかも・・・・何が幸いするか、物は考えようと言う事で(笑)

仕事を片付けネットサーフィンしてみるとやはり厳しかったようで、釣れている方連れなかった方・・・
如実に結果が出たようですが、なぜか何処も彼処もジンタが巾を利かせているようで・・・
小物釣り師の私ならジンタでも大歓迎なのですが・・・皆さん大アジがご所望のようでした。

確かに活きの良いアジのお刺身は、こたえられませんもんね〜(笑)

皆さん海の様子がオカシイと言っています。

私も時間の都合をつけて資源釣査に行かなくては・・・

釣りいきて〜(失礼いたしました)
posted by rickey at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

梅雨入りです

先週は急なコマーシャルのオファーが入り出釣断念・・・

今週はなんと入梅・・・天気予報を見ても雨と風が凄い事に・・・これじゃ〜釣行計画も儘なりません。

九州から関東まで太平洋沿岸地域は荒れ模様です。

そんな中、昨日のニュースでは浜名湖で中学校の郊外学習でボートに乗ってのカリュキュウラムがあったようですが、カッターボート転覆事故で残念な事に女子中学生一人が亡くなったそうですがご冥福をお祈りしたいと思います。(合掌)

同じ子を持つ親として親御さんの心情を思うと・・・いかばかりか・・・身につまされる思いです。

何時も思うことは大自然の恩恵と脅威は表裏一体・・・過信は禁物。

先輩の言葉の中に自信と過信を履き違えるなと言われた事を思い出します。

自信とは日々のたゆまぬ努力と練習・訓練によってつく物であり、過信とは自惚れにに因って起きる。

然るに日々謙虚に生きて行きたいものです。(これが一番難しい)

と言う事で補給作戦開始

最近お気に入りの仕掛け
P5200018.JPG
ダブルフックのトリック仕掛け

アミえびの拾いと針掛りが良いのが気に入ってます。

ヒラメ仕掛け自作用
P5200015.JPG

孫針と青物仕掛け用に
P5200013.JPG

菅付きなので最近〇眼ぎみの私には重宝します。

明日の釣果を夢見つつ仕掛け作りに励みますか〜

posted by rickey at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

き〜みはど〜してそんなに〜釣れないの〜

6月5日(土)

司令長官よりアジ捕獲命令が出た、先日のアンコール。
しめしめこれは好都合小アジを釣ってヒラヒラを狙うのだ・・・フフフ(笑)

という事でコマーシャルに励み定時に会社を退社、一旦自宅に戻り仕度を整えイザ外房を目指す・・・

漁港に着いてみるとさほど混みあってはいない・・・(その理由はすぐに分かった)

釣り座をセット・・・釣れない・・・周りの先釣者は皆投げサビキか遠投カゴフカセ・・・???

ここは先ず活餌確保に走ります、・・・定番トリック・・・が・・・やはり釣れない・・・コマ場作りに励みますが・・・今日もなかなか群れが周って来ないようです・・・ヤバ・・・(汗)

夜半前、何とか一匹目続いて2匹目そして暫くして三匹目とここでピタリと止まり当り無し・・・(???)

海水温は上昇傾向にあるはずしかし反応がありません。

活餌の確保が出来なければブッコミヒラヒラ狙いには行けません・・・暫くして又当りが出ますが二匹で止まり又沈黙・・・暫くして又当たりますが一匹どまり今日はこんなペースか〜(やれやれ)・・・
P6060007.JPG

ここでブッコミヒラヒラ仕掛けを投入・・・沈黙が続きます・・・静かな夜が続きます。

時々餌の確認をしますが、元気です。

アサマヅ目を迎えようとしていますがアジは何処へ行ったのでしょう?

投入位置棚を微妙に変え様子を伺います反応ポイントみっ〜けタイトなポイントしか食ってきませんそれも入れ食いには程遠いポツポツです。

そんな状態のまま日の出を迎えますお隣の投げサビキの仕掛けが潮に乗ってこちらの前まで流し小込まれます・・・(分かる気もするのですがお祭り寸前、マナー違反です)

そんな中漁船が漁を終えて続々と帰ってきます。

当然釣り座は次々撤収そんな中岸壁の上には切れた仕掛けが放置されています・・・自分の周りに放置されていた仕掛けは出来る範囲片付けます。

日が昇ってマアマアのサイズのサバが掛かります・・・鰯の群れが水面を群れ泳ぎだしました。

ギリギリレギュラーサイズのアジが二匹立て続けに掛かります。

と此処で私の釣り座にも漁船が着くよと漁協の方から言われ釣り座を一旦どけて漁師さん達の仕事の終わるのを待ちます。

何艘かの漁船が入れ替わり接岸して水揚げをしていきますこの時期は地元猟師さんたちはキンメダイ(高級魚)が主だそうです。

作業の合間に漁協の方とお話をしているとやはり仕掛けの放置が困ると言ってました又岸壁はドン深だから危険なんだと言ってました・・・地元の釣り餌やさんも岸壁こそライフジャケットを着たほうが良いと言っていました・・・岸壁は自力で上がれる所がほとんど無いと・・・言われてみれば納得です。

「現に地元で慣れた人が釣り座の洗い流しのため水汲みバッカンで海水を汲んでいるときに足を踏み外し転落しおぼれる事故があったそうです。」

漁師さんからもういいよと言われ・・・

釣り座を再セット
P6060008.JPG

ブッコミ仕掛けも再投入・・・

トリックを揺らすやつがかかります・・・
P6060009.JPG

ハイ、餌取り名人草フグのちび助くん登場・・・記念撮影後、海へお帰りいただきます。

そろそろかな〜と思っているところへ別の漁師さんが来てなに釣っていると話しかけられ「アジを釣ってそれを餌にヒラメかマゴチが釣れれば」というと、「どうだい」と聞かれ、「全然ダメです」と言うと活かしバケツの中を覗き込み「アジちーせーなー」と一言、(はいそのとうりです・ほっとけ、と心の中でノリ・ツッコミ)をしていると漁師さんが一言「船に来な〜だるま四つやるから〜」と言いながら船まで案内してくれました。

だるまって何???と訳も分からず船までついていくと別の乗組員の漁師さんが船の中から二匹づつ両手に持って出てきました。

渡されるまま受け取ると船はすぐに離岸していきました。

一瞬あっけに取られ自分でも何が起きたのか分からずボーっとしていましたが両手を見るとそれは紛れも無くマグロの子供です、子供と言っても60cmはあります。
P6060021.JPG
気づくと船は離れ過ぎ声が届きませんマグロを持った両手を挙げて頭を下げるのが精一杯でした。

この場を借りてお礼申し上げます。

「漁師さん(たぶん船長さん)ありがとうございます。」

何故頂けたのか未だに???????

まさに狐につままれたような感じで自分の釣り座に戻り・・・頭が空っぽ・・・サー如何したものか、

とりあえずクーラーバッグに仕舞わなきゃーとクーラーバッグの中のものを全部外に出し三匹を仕舞い一匹を何時も一緒になる地元釣り師の方にお裾分け・・・今度はその方が漁協に行って氷を貰って来てくれました・・・これで万全です。(ハッピー)
P6060012.JPG
さて鮮度を保つため今度は大慌てで釣り座を片付けアジも全て〆ます。

車に乗って司令長官に一報帰るコールともちろん頂き物の獲物の事を伝え・・・サアー・・・急がず慌てず帰路に着きます。

帰宅して記念撮影
P6060016.JPG
頂き物バチマグロ最小61cm最大65cm三匹

本日の釣果
P6060019.JPG
サバ30cm一匹
鰯      三匹
アジ二匹・小鯵・ジンタ38匹

記念撮影後、鯵はお刺身に、小鯵・ジンタは南蛮漬け用に、いわしは梅干煮に、サバは味噌煮用にそれぞれ捌き一息入れて・・・なにせマグロは始めて捌くので・・・大体は出来そうですがネットでチェック間違いの無いように何箇所か見て廻り・・・イザ・・・解体ショウーの始まりです・・・いっぱいいっぱいで解体写真撮り忘れ・・・(ヤッチャッタ)失敗

会社の人やご近所にお裾分け・・・皆さん大喜びでした。

最後に{かつお船の船長さん本当にありがとうございました。}m(ーー)m
posted by rickey at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク