2009年10月25日

天候不良で出釣出来ません。

10月24日昨日は夜半から雨の予報だったが、昼ごろから雨が降り出してしまった。

この時期無理して行って風邪やインフルエンザになってもという事で見合わせる事にした。

という事で新しいラインを仕入れてみた。

PA250006.JPG

シマノ・ハイパーデュラ・ブルズアイ・6号カゴ遠投専用なるラインを行きつけの釣具屋で発見してしまい名前に誘われてつい買ってしまった。

これで大遠投も多少の大物がかかってもなどと妄想ばかりが空回り・・・

今日はおとなしく釣具の整理と点検にいそしむ事にしよう。


posted by rickey at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

返り討ちに遭ってしまいました

10月20日夜、代休消化をかねて前回のリベンジに外房大きな港に行ってきました。

今夜は流石に平日夜とあってガラガラです。

久しぶりの平日釣行でカメラを忘れてきてしまった。

前回タナゴ風呂だった場所に、今回は大丈夫だろうと思い入ってみたらなんと今回もタナゴ風呂でした。
これはたまらない、トットト場所変更HPに移ってはみたもののこちらも劇シブどうなっている???

ナントカ生餌を釣って底物狙いを試みる。

全く反応が無い活餌の様子を確かめると???どうやら生餌をいたぶる奴はいるらしい。
いったい何が犯人かは分らない???。

夜が明けて朝マズメがあるかと思ってみたもののこちらも空振り。

ただ今回、前回から気になっていた明け方ジンタを追いかけ海面近くを走る奴の正体を突き止めた、なんと余程腹が減っていたらしく朝方トリックにボラおよそ30cm程が食いついてきた。

夜が明けても余程のんびりしているらしい水面にはシラスの群れや鰯が群れ泳いでいるどうやらフィッシュイターはいないのか???
ただ皆群れが小さい。

こうなったらなんとか足裏メジナを堤防底から誘き出し唐揚げ用にジンタを少々なんとかお土産確保。

完膚なきまでやられました。完敗です。

外房は如何したのでしょう?どうやらボウズ菌が蔓延しているようです。

皆さんも感染に気をつけましょう。

釣り場の選択から見直しかな〜





























































posted by rickey at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

今日も元気に日曜出勤

10月18日マタマタ、野暮用(お仕事)が入り、めでたく日曜出勤決定!これからは仕事のことを「コマーシャル」ということにします。

なぜって昔若かりし頃、テンテン(モービル無線)をやっていた時に仲間内で隠語として使っていました。あの頃は携帯電話なんてものはありませんでしたね〜時代は変わりました。

なんと、マタマタ娘が模試だ会場まで友達も一緒に連れて行けと言っている。(今回も前回と同じ会場なのだそうだ)
マアーそういう事ならマイアルで送りましょう。
今回はルートを変えて送ってみたらなんと前回より10分も短縮して会場に着いた余裕シャクシャクである。
ということはもちろん会社にも余裕でご出勤となりマイアルを洗車してみた、マイアルも埃が落ちて気持ちよさそうである。

サアー・コマーシャル・コマーシャルお稼ぎモード突入・・・
ひと段落してネットサーフィンしてみると、どうやら外房方面はシブかったようである(所によっては激シブ)釣りに行けなくて、良かったんだか?悪かったんだか?・・・
しかし頭の中はあそこへ行けばとか、ここなら大丈夫などと妄想している。
発作が出る前にチョットタイムスリップ。

08年6月11日(水)今日は代休を取り仕事仲間と内房TU湾の貸しボートでの沖釣りと洒落込む事になった。

朝4時半出発館山自動車道を一路南下午前6時現地着近所の餌屋で餌調達、貸しボート受付で受付を済ませボートに荷物を積み込み出船待ち、ここは沖のポイントまで引き舟で曳航してくれるので楽チンである。
勿論帰りも引き舟で岸まで曳いてくれる。

時間になりボートをロープで固定し沖に出て行くのだが数珠繋ぎ状態である、これが又面白い、沖に着くとそれぞれ思い思いのポイントへ手漕ぎ・・・
サー今日の狙いはシロギスを釣りそれを餌にマゴチ・ヒラメを狙うのだー!
ボート用チョイ投げ天秤仕掛けを投入着底後ゆっくりサビイて来る。
ほどなくプルプルとあたりが出るシロギス君登場である。
釣り上げると余程腹が減っていたらしく針を飲み込んでいる。
これでは生餌に使えない仕方なく針を無理やり回収、獲物はクーラーイン。

気を取り直し青イソメを付け投入ゆっくりサビイて来る、すると今度は根掛りか〜・・・いや此処は砂地のはず、いきなりドラグが出て行く。
何だー竿を立て戦闘体制・・・巻き上げるが重い・・・ボートの上なので踏ん張りが利き辛い・・・敵さん中々上がってこない、しかも細仕掛けなので強引にはいけない。
何とか海面まで上げると綺麗な魚だが見たことが無い、同乗の同僚にタモで掬ってもらいボートの上に揚がった所で引き舟の船頭さんが来られ「花カサゴだオー素手で触るなオーひれに毒があるオー」と言いながら「珍しいなーこの辺には居ない魚だオー」と言っている。
どうやって食べるのかと聴くと、「煮つけぐらいだオー」と言うので、同僚に聞くといらないと言うし煮魚は得意でないので、記念撮影後リリースこの時は気づいていなかった。(**魚であることに)

P6110001.JPG

サアー再開そこそこ釣れるのだが、ここのキスはガッツキ癖がある様で、皆針を飲み込んでいる生餌にならない。
この後、風波が出てきて同僚は船酔いになってダウン同僚を気遣いながらの釣りとなり船頭の判断で強風になる前に沖上がりとなった。
本日の釣果

P6110013.JPG

シロギス15匹ハゼ4匹ネンブツダイ2匹豆鯖1匹。

家に帰りリリースした花カサゴのことが気になりネットで検索・・・[するんじゃなかった]・・・超高級魚の仲間だそうで、しかもお刺身も絶品だそうです。
なんてコッタイ(泣)・・・「知らないとは」・・・いい勉強になりました。





posted by rickey at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク